業務内容

業務内容

「君島防水工業」は建物の大敵である、雨漏り・漏水を迅速に解決いたします。
防水塗膜、防水シートのめくれ、膨らみ、劣化、ひび割れなどの症状は建物劣化の初期サインです。
早期発見・早期手当で建物の寿命を延ばすことができるので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

ウレタン防水

ウレタン防水は、現在国内で行われている防水工事の半数近くを占めている工法です。
軽量で比較的に安く、液体なので施工する場所が平坦ではなくても塗装が可能です。

また、つなぎ目がないため、シームレスで美しい仕上がりとなり、建物への負担がほぼないのもウレタン防水の特徴です。

【ウレタン防水が特に適している箇所】
貯水槽や室外機などの設備が多い屋上・複雑な形状の現場・狭いスペースなど。
基本的にどんな現場・どんな箇所にも適していますが、特にオススメなのは、複雑な形状や狭いスペースです。

もっと見る

塩ビシート防水

塩ビシート工事は難易度が高く、全ての工事会社が施工できるものではありません。
そんな塩ビシート防水ですが、寿命が長いのが特長です。

耐候性のある塩化ビニール樹脂に耐久性を付与した塩ビ防水シートは、紫外線や熱、オゾンに対して優れた耐久力があります。耐摩耗性があるので軽歩行が可能で、メンテナンス性に優れ、長期的に使いたい場合は最適な工法と言えます。

それまで使っていた防水材にそのまま被せて使うことが可能なので、短期間・低コストで工事をすることができます。

防水シートを下地に貼り付ける「密着工法」とディスク板などを使って固定する「機械固定工法」などがあります。

もっと見る

長尺シート

長尺シートは、幅の広いロール状の塩化ビニルシートのことで、耐摩耗性・耐候性に優れているという特徴があります。
主にマンションやビルの通路、階段、ベランダなどの防水工事に用いられ、比較的広い面積の施工によく使われています。
防水シートを接着剤やテープを用いて床面に貼り付けて施工します。

施工後すぐに歩行が可能になることから、入居者やビルの利用者に負担をかけず、短期間で改修工事を済ませることができるという特徴があります。

もっと見る

シーリング工事

シーリングの役割


□ 湿気・雨水などの水分の浸入を防ぐ


□ 部材や外壁材同士の隙間をふさぎ、建物の気密性を保持する


□ 水回り設備を設置する際の接着剤として


ゴム状のシーリングは、屋根・外壁にはもちろん、室内(とくに水回り)でも多く使われています。
私たちが過ごす家やビル・施設などのあらゆる建物は、数多くの部材からできています。

もっと見る

外壁塗装

外壁は住まいの外側にあるため、経年劣化が進んでいても気付きにくい箇所の一つ。
ひび割れなどの症状が出て初めて老朽化に気付くケースがほとんどです。

外壁の塗装が落ちた状態で放置していると、建物内部に水分が浸入し、下地や躯体部分を腐らせてしまいます。
当社は外壁の定期点検、及びメンテナンスも行っておりますので、まずはお気軽に診断からご依頼ください。
もちろん、診断の結果塗りなおしなどが必要なければ無理に施工をお勧めすることはいたしません。

技術と知識を持った作業員が正確に現在の外壁の状態を見極めます。

もっと見る